福祉関係の会社を起業

増える福祉系ベンチャー

福祉関係のベンチャー企業の起業

福祉に関するベンチャー企業は、非常に多く起業がなされています。法人格を有し、かつ実施したい事業が明確であれば、行政の認可は比較的出やすいからです。たとえば介護保険法が施行された平成12年度以降しばらくの間は、個人設立の法人化した介護保険事業主が多く存在しました。福祉では、個人であっても事業を行えるメリットは存在します。様々なところで人手不足でもあり、また事業所自体も少ないことがその要因です。すなわち、各地で起業によるチャンスは非常に多くあるとみてよく、それだけに成功もし易い可能性を秘めています。

福祉の分野で活躍するベンチャー

高齢者や障がい者の支援などの福祉の分野でもベンチャー企業は参入し活躍しています。既存の施設とは異なる柔軟な発想や行動力で新たなサービスを展開することにより、高齢者などのニーズに答え高評価を得ています。従来の施設での営業時間、料金、提供するサービスではなく利用者の方に合ったサービスの提供を格安で実施しているところもあります。小規模で丁寧なサービスの所や病院などの既存の施設や行政との隙間に入り込みサービスを展開する大規模なものもあります。福祉は既存の施設では手が回らない箇所が多くある事業で、これからも参入し活躍して社会に貢献できる分野です。

↑PAGE TOP