福祉系の仕事を始める

福祉系のベンチャーに転職

福祉業界へのベンチャー転職

ベンチャーとは冒険するという意味があり、福祉の業界に参入してくる企業が多くなりました。代表的な例として、建設会社が建設の受注が少なく、売り上げが低迷してきた為、今後を見据えて、介護業界に手を伸ばし、有料老人ホームを立ち上げるといった形になります。介護報酬では大幅な利益につながりはしませんが、高齢社会の現在は介護サービスのニーズが増えているため、安定した収入は見込めるでしょう。また、比較的手軽に始めることができる福祉サービスとして、介護タクシーがあります。専用車両を用意し、国や保険者に必要な届け出を行い許可が下りれば、一人でも営業することができるため、転職する方も増えています。

福祉業界におけるベンチャーの波

福祉業界にベンチャーの波が押し寄せています。これから最大の人口ボリュームを誇る団塊の世代が、すべて高齢者と呼ばれる時代に突入します。そのため、介護や医療の分野においては、まさに最盛期というにふさわしい活況を呈しているのです。そして業種としては、まだ若々しい分野だけに、新しい企業の力が一層求められています。すでに対話型ロボットの導入や、お年寄りでも利用しやすい新製品の開発、訪問型の医療介護など、新しい試みが始まっているのです。これからの福祉におけるベンチャー企業の活躍から、ますます目が離せません。

↑PAGE TOP